台北101の南に有る象山は、101のベストビュースポットと言われています。

MRTレッドラインの終点象山駅から歩いて10分くらいの所にある虎林公園の脇を通って登るルートが一番楽だと言うことですが、それでも結構勾配の急な階段を登っていくことになるので、約1時間半掛けて登りきった頃には汗だくになります。なので、着替えはナップザックに入れて、水を持って、勿論靴は履きなれたスニーカーが良いでしょう。

頂上付近の見晴台からのビューはさすがに素晴らしく、必死で登った甲斐があったと思います。

帰りのルートも同じならば勝手が分かっているので、比較的楽だと思いますが、別のルートで降りると、階段が本当に急になるので身の危険を感じるほどです。手すりもない階段も有るので、夜は象山に登るのをおすすめしません。日のある内に登って降りて来れる時間で行ったほうが良いです。

この場所は台北101のニューイヤーカウントダウンの花火鑑賞の人手でごった返すほどのベストビューポイントなので、本当は夜の方がきれいだと思うのですが、体力と視力に自信の無い人は昼間にしておいた方が安全です。